読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xcorp::When it rains, it pours.

"The nice thing about rain," said Eeyore, "is that it always stops. Eventually."

今日の KARA (カラ)

さて、

また記事が出てきております。これまでは

  • 消息記事が出る
  • 「すぐに良いニュースが出るだろう」
  • しかしニュースは出ない

というのを繰り返してきました。今回は朗報を聞くことができるでしょうか?

テ・ジナ「カラ妥協案今週初めに公式に発表しようとしたが…」


[ニュースエン ジョンウォン記者]


テ・ジナがまた水面上に浮び上がった「カラ騒動」に対する立場を明らかにした。


最近カラ3人と所属事務所DSPメディア側が妥協案を用意中だと知らされた。しかし再び「3人側がカラの新曲収録に参加しなかった」という話が出てきて混乱が引き起こされている。


これに対して大韓歌手協会テ・ジナ会長は4月15日ニュースエンの電話取材に対し「本来先週末や今週初めに完全に妥結して公式発表をしようとした」として「事実良い方向に結論が出たが延期になった」と話した。引き続き「歌手協会側で提示した仲裁案が最も適切な仲裁案だと考える。双方がこの仲裁案をすぐに受け入れて円満な結果を出さなければならないだろう」と明らかにした。


また「カラの3人が新曲録音に参加しなかった」という話に対しては「双方の弁護士と話して調べてみなければならない事項だ」として「お互いに円満に合意するために努力している」と説明した。


日本で三枚目のシングル「ジェットコースターラブ」を発表したカラは海外女性グループでは30年ぶりに発売初週のオリコンシングル週間チャート1位に上がる気炎を吐くなど最高の人気を享受している。


ジョンウォン wonwon@newsen.com

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201104151027321002

カラ騒動どうなるか?「日本の新曲作業カラ3人側不参加理由なぜ?」


[ニュースエン キム・ヒョンウ記者]


カラ騒動が結果を出すだろうか。


カラ3人(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)と所属事務所DSPメディア側は約1ヶ月前から秘密裏に水面下での接触を繰り広げた。外部に知らせず静かに接触を行った理由は余計な誤解と歪曲を防ぐためだ。


このカラ騒動が進展する可能性が最近になって高まってきて、事実上解決への手順に入った。双方の意見の相違がだいぶ狭まり、解体に対する負担も大きかったということが周辺関係者たちの話だ。


こうした中、4月14日予定された日本の新曲収録に3人側が参加せず、事態がまた悪化したのではないかとの憶測が広がった。この日DSP側が日本の新曲収録のために5人のメンバー全員に参加を要請したが、この日の録音に参加したのはDSPメディア残留を宣言したパク・ギュリとク・ハラの2人だけだった。


これに対して関係者は「良い方向に事態が解決しつつあったが、突然こんな話が出てきて多少当惑する」として「お互いの立場の差がまだ整理されていない状況で収録を進行してみたら、3人側も簡単に出ることができなかったようだ」と伝えた。


また「この日、日本側の関係者たちも韓国に入国して、録音を進行する計画だった」として「現在、双方は契約期間に対する意見の相違が大きい。これが最も大きい障害物だ」と話した。


また他の知人は「双方が事態解決に対してある程度共感を持っている」として「解決途上における一般的な葛藤と見ている」と意見を伝達した。


キム・ヒョンウ cox109@newsen.com

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201104151047461002

カラ騒動早ければ1〜2週間内の妥結「事実上解決手順」


[ニュースエン キム・ヒョンウ記者]


カラ騒動が早ければ4月中に解決される可能性が見えている。


ある関係者は「今回の事態が早ければ4月中に解決されると見る」として「双方が解決という大前提に同感していて意見の相違も非常に少なくなった。もちろん契約期間などに対するいくつかの意見の相違はあるが、お互いが調整をすれば良い結果が出るのではないか」と伝えた。


また「かなり以前から静かに水面下での接触を繰り広げた。双方が早ければ4月中に今回の事態終結を期待していた」と話した。


カラ3人(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)と所属事務所DSPメディア側は約1ヶ月前から秘密裏に水面下での接触を繰り広げた。外部に知らせず静かに接触を行った理由は余計な誤解と歪曲を防ぐためだ。


このカラ騒動が進展する可能性が最近になって高まってきて、事実上解決への手順に入った。双方の意見の相違がだいぶ狭まり、解体に対する負担も大きかったということが周辺関係者たちの話だ。


こうした中、4月14日予定された日本の新曲収録に3人側が参加せず、事態がまた悪化したのではないかとの憶測が広がった。この日DSP側が日本の新曲収録のために5人のメンバー全員に参加を要請したが、この日の録音に参加したのはDSPメディア残留を宣言したパク・ギュリとク・ハラの2人だけだった。


これに対して関係者は「良い方向に事態が解決しつつあったが、突然こんな話が出てきて多少当惑する」として「お互いの立場の差がまだ整理されていない状況で収録を進行してみたら、3人側も簡単に出ることができなかったようだ」と伝えた。また「意見の相違が狭まり次第新曲の収録に参加するようだ。3人側が日本の新曲収録を反対したのではない」と付け加えた。


この日収録のために日本の所属会社ユニバーサルシグマも入国して、作業を始める予定だった。


キム・ヒョンウ cox109@newsen.com

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201104151107231002

カラ3人不参加解明「日本新曲個別収録のため..不参加ではない」対立説一蹴


[ニュースエン キム・ヒョンウ記者]


カラ3人の日本の新曲収録にまつわり不協和音ができたという話は事実ではないと知らされた。


4月14日予定された日本の新曲収録に3人側が参加せず、事態がまた悪化したのではないかとの憶測が広がった。この日DSP側が日本の新曲収録のために5人のメンバー全員に参加を要請したが、この日の録音に参加したのはDSPメディア残留を宣言したパク・キュリとク・ハラの2人だけだった。


これに対してある関係者は「収録は個別に進行されるのが一般的な事例」として「パク・ギュリとク・ハラが先に録音をしたことであって、3人が収録に反対して参加しないということではない」と伝えた。


また「3人側もまだ100%所属事務所と合意にならない状況でむやみに収録に参加することも難しくないだろうか」として「意見の相違が狭まり次第新曲の収録に参加するようだ。カラの3人側も合意後に収録しようという考えを持っている。双方の対立が深くなったとするのには無理がある」と話した。


また他の関係者は「今回の事態が早ければ4月中に解決されると見る」として「双方が解決という大前提に同感していて意見の相違も非常に少なくなった。もちろん契約期間などに対するいくつかの意見の相違はあるが、お互いが調整をすれば良い結果が出るのではないか」と伝えた。


また「かなり以前から静かに水面下での接触を繰り広げた。双方が早ければ4月中に今回の事態終結を期待していた」と話した。


カラ3人(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)と所属事務所DSPメディア側は約1ヶ月前から秘密裏に水面下での接触を繰り広げた。外部に知らせず静かに接触を行った理由は余計な誤解と歪曲を防ぐためだ。


このカラ騒動が進展する可能性が最近になって高まってきて、事実上解決への手順に入った。双方の意見の相違がだいぶ狭まり、解体に対する負担も大きかったということが周辺関係者たちの話だ。


キム・ヒョンウcox109@newsen.com

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201104151115121002

個人的には、太平洋戦争前における日米交渉のような構図だと思っていますが、はてさて…