読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xcorp::When it rains, it pours.

"The nice thing about rain," said Eeyore, "is that it always stops. Eventually."

今日の KARA (カラ)

どっちだよ

star news では電話インタビューでまだ進行中との言質を得た模様。

テ・ジナ「DSP・カラ仲裁決裂?事実無根」(インタビュー)


テ・ジナ韓国歌手協会会長がカラ3人側と所属事務所のDSPメディア(以下DSP)の間の意見の相違に対する仲裁は相変らず進行中だと直接明らかにして、一部で主張された決裂説は事実無根だと強く反論した。


テ・ジナ会長は16日午後1時50分頃スターニュースとの電話インタビューで「私と直接話をしたわけでもないのに、どうしてそのような主張ができるのか分からない」として一部で言われた仲裁決裂説にあきれるといった。


引き続き「カラ3人側から韓国歌手協会に今回の事態に対する仲裁を要請されて、昨日(15日)DSPにはカラ3人側の立場を、そしてカラ3人側にはDSPの立場を伝えた状況」としながら「このように韓国歌手協会は韓国芸能製作者協会とともに現在カラ騒動の仲裁のために努力中なのに、なぜ決裂という主張が出てきたのか分からない」と繰り返し強調した。


テ・ジナ会長は「仲裁決裂という表現は、私たちの仲裁以後、双方が交渉テーブルに座った後にも意見の相違を見せたり、あるいは交渉テーブルに座ることを拒否した時に使う言葉」としながら「もう一度申し上げるがまだ双方に対する仲裁は進行中であり、よく見守って下さればありがたい」と望んだ。


この日午前演製協アン・ジョンデ会長もスターニュースに「昨日演製協と歌手協が今回のカラ事態と関連して具体的に議論すると同意を集めた」として「今回の懸案が円満に解決されるように願う一心で仲裁に乗り出した」と明らかにした。


引き続き「良い結果になろうが、悪い結果になろうが時間を持って見守ってほしい。色々な部分について議論をしなければならない。今後記者会見を行って議論結果を発表する」として、現在の仲裁が進行中であることを示唆した。


(以下略)

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2011021614054771197

osen では仲裁失敗としている。こっちのが勇み足っぽいな。

[単独]テ・ジナ、カラ − DSP仲裁失敗...


カラ3人とDSPメディアの間の仲裁を引き受けた歌手テ・ジナも双方の協議案を導き出すのに失敗した。


カラ3人側は15日夜、テ・ジナに「DSPが提示した条件を受け入れることはできない」という立場を明らかにした。


ある関係者は16日OSENとの電話通話で「カラ3人が初めからずっと要求してきたことは精算書と原本契約書公開」としながら「信頼して一緒に仕事をする専門経営者が必要だとずっと所属事務所に要請してきた。そして今後の透明性が確保されるのが重要だとした」と説明した。


カラ3人側は訴状がDSPメディアに送達された後、来週くらいに記者会見を行って公式見解を明らかにする予定だ。


一方韓国歌手協会の会長を受け持っているテ・ジナは去る15日カラ3人側とDSPメディアに会って仲裁に乗り出した。DSPメディアは、昨年イ・ホヨン代表が個人的な事情で経営から退いた後、現在まで彼の夫人が代表理事の資格で経営を担当してきた。


(以下略)

http://osen.mt.co.kr/news/view.html?mCode=ent&gid=G1102160101

同じネイル…

「永遠に無言」カラ、同じマニキュアで一致団結の意志表現?




「カラ騒動」の中、2月13日に金浦空港経由で帰国したカラのメンバー達の同じマニキュアがファンたちの関心を集めている。


2月3日出国当時、カラは取材陣とファンたちに「心配をかけて申し訳ありません。熱心に活動して良い姿をお見せします」という挨拶と決意を伝える余裕がある姿を見せた。


しかし13日の帰国時は取材陣の質問に一貫して返事がなく、顔を覆うなどの姿を見せて慌ただしく空港から出た。


引き続き14日カラのハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンの3人側はソウル中央地方法院に専属契約の存在再確認訴訟を提起した。ソウル中央地裁によると、彼らは「正当な収益の分配を受けることができなかった」としてDSPメディアを相手に専属契約の存在再確認請求訴訟を提起した。


これにファンたちは「ちょっと先すら分からない状況だが、メンバー全員が同じように塗った白いマニキュアが、メンバー達の一致協力の意志と友情を見せている」という意見を提起している。


ノーコメントで一貫するカラがファンたちに同じマニキュアを塗った姿をみせ「カラは分裂しない」と暗に伝えているというものだ。


このようなファンの反応はカラ騒動が円満に解決されて、5人のカラがまた舞台に戻ってくるのを望む願いが込められたものと見られる。


一方昨年11月発売したカラのアルバム「ガールズ トーク」が14日付オリコンデイリーチャートで1位に上がった。

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2011021610212627934

歌手協、調停に乗り出す

会長の名前が「テ・ジナ」だけに鮮やかな手品で事態の解決を図っていただきたい。

テ・ジナ、カラ騒動の調停に乗り出す


カラ3人側(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)と所属事務所DSPメディア側が、テ・ジナ韓国歌手協会会長の仲介でもう一度立場の調整に乗り出す。


テ・ジナは16日イーデイリーSPNと電話通話で「15日にカラ3人の両親たちと会って話をした。歌手協会長として3人の立場をDSPメディアに伝えた」としながら「DSP側はもう一度交渉のテーブルに座るという意思を明らかにしたが、まだ3人側からは回答がない。今日(16日)まで交渉のテーブルに座るのかどうか最終的な返事を待つことにした」と伝えた。


カラ3人側は最近、歌手協会被害者申告センターに意見を通達し、これにテ・ジナが直接仲裁者の役割を買って出た。


テ・ジナは「東方神起の事例でも見たようにカラが解体されるということは韓国歌謡界にも悪影響を及ぼすことが明らかだ」として「彼女たちがまた一つになれるように最善を尽くすつもりだ。双方が少しずつ譲歩して交渉が続くことを願う」と話した。


一方ハン・スンヨンカン・ジヨン、チョン・ニコルのカラのメンバー3人は、14日所属事務所DSPメディアを相手に「正当な収益の配分を受けることができなかった」として専属契約の存在再確認請求訴訟を提起した。

http://spn.edaily.co.kr/entertain/newsRead.asp?sub_cd=EA2&newsid=01312006596151176&DirCode=0010200

ひとこと

  • フジテレビェ…
  • 誤訳と事前チェックの欠如も相当ヒドいが、この時期にセンシティブな発言をするのもどうなんかね
    • 韓国Kamiliaによる翻訳「いろいろなことを私たちが提案して、こうして何とか是正をしてみようと、こんな風に行くべきなのに、リーダーがそこで少し責任感が無いようだ。だから今、疎通がうまく行かないから、このような騒ぎになった。」
    • これならリーダーは「DSPの代表理事」と取れるけど、ぼかさずに言えよなー
  • 語るならまずは韓国のメディアに対して語るのがスジだろ、、、
  • いらんことをベラベラしゃべりすぎなんですよ!男は黙ってサッポロビールでも飲んでろ