読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xcorp::When it rains, it pours.

"The nice thing about rain," said Eeyore, "is that it always stops. Eventually."

今日の KARA (カラ)

1/27 双方協議開催

今度はお互いに歩み寄って、KARA にとって良い結果を出してほしい。そしてそろそろボクは赤飯が食べたい!

DSP vs カラ3人側、27日2回目電撃協議...対話局面再開


5人のガールズグループカラの所属事務所DSPメディア(以下DSP)側とカラ3人(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)側が2回目の電撃協議を持つと発表されて耳目を集めている。


26日午後ある芸能関係者はマネートゥディスターニュースに「DSP側関係者とカラー3人の法律代理人が27日ソウル市内で今回の騒動が発生してから2回目に会う」としながら「特にこの席には初めての出会いとは違って、カラ3人の両親までも共にすると伝えられて、より一層大きい関心を引いている」と明らかにした。


DSP側とカラの法律代理人のランドマークのホン・ミョンホ弁護士は去る25日、いわゆるカラ騒動発生後初めての出会いを持った。だが、この出会いが終わった後、双方はかえってお互いに対する立場の差をより一層大きく確認したし、感情の溝まで深くなった。


ここに26日にはDSPと韓国芸能製作者協会からこれまでのカラ3人の背後勢力だと目星をつけてきたチョ・ヒョンギル代表によるカラ3人の公式後見人宣言まで重なって、双方は互いに名誉毀損などで法的措置を取るというなど強硬な意志を表した。


このようにDSPとカラ3人側の葛藤の様相の中で双方の2回目の協議が電撃的に開催されると判明したので、今回の協議を通じてDSPとカラ3人側がまた対話局面を形成して雰囲気反転を成し遂げるかどうかに再び関心が大きくなっている。


この関係者は「今回の協議は葛藤の様相に駆け上がった双方が対話をまた試みるという自体だけでも大きい意味があるだろう」と評価した。
果たしてDSP側とカラ3人側が27日の協議を通じてどんな結果をもたらすのか成り行きが注目される。


(後略)

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2011012623365198658

各局番組PDたちの意見

緊急質問...各局番組PDたち「カラ、崩れれば無条件ほろびて」


5人のガールズグループ、カラの分裂騒動は放送関係者たちまでも残念がらせている。カラはその肝となる様々な歌謡番組はもちろん、それぞれのメンバー達が芸能番組とラジオなどでもあふれる浮気心を精一杯発揮してきたチームであるためだ。


それではカラをその誰より近くから見てきて、芸能製作者がよく知る地上波PDたちは果たして今回のカラ騒動にどんな考えを持っているだろうか。今回の騒動と関連して、地上波PDたちの意見を直接聞いてみた。懸案が懸案がだけに、PDらは匿名を前提にカラ騒動と関連した立場をマネートゥディスターニュースを通じて伝えた。


▲A PD(MBC)=「まずとても残念だ。さらにカラを育てたイ・ホヨン代表がからだが良くない時こうしたことが発生してとても残念だ。もしイ・ホヨン代表がいたとすればお互い間にこういうことが起こる前に、よく仲裁しただろう考えだ。カラは絶対解体してはいけない。カラが分裂した場合、これまでのように5人が1ケ所に集まっていたように力を発揮できるかという疑問が勝るためだ。カラのメンバー達を新人の時から見てきたが本当に熱心にしてきた子供たちだ。今まさに成功の道に本格的に乗ったが、この時期にこういうことが起こって残念だ。よく解決されて五人が共に行かなければならないという考えだ」


▲B PD(MBC)=「個人的に今回の騒動はカラ3人の両親が芸能ビジネスモデルをよく分っていないために起こったようだ。日本でのガールズグループの韓流ビジネスモデルは、以前には存在しなくて最近形成されたという視点には関係なく、カラが日本で100億ウォン以上儲けたという話が聞こえるが、事実上韓国企画会社に支払われるのはいくらにもならないだろう。新生ビジネス モデルであるためだ。ところで両親が考えるのは100億ウォンという話でそれにとても集中したので、相対的剥奪感を感じた酸っぱいもののようだ。だが、長い目で見なければならない。それではカラのメンバー一人一人に渡る収益も今よりはるかに多くなるだろう」


▲C PD(SBS)=「カラは崩れればば無条件滅びる。もちろん絶対こわれてはいけないということだ。カラは5人が一緒にいてこそシナジー効果を出すグループだ。冷静に話して、各自で見た時は音楽的力量や芸能感がずば抜けて優れる方ではない。だが一緒にいる時は話が変わる。本当にすばらしくてすごいチームに変化するためだ。これがまさにカラの真の力だ。 そのためにカラは崩れれば生きられない。そして冷たく感じるかも知れないが、率直にこういう事件が起きれば、PDたちは仕事の特性上、普通製作者で傾くほかはない。 製作者はいつかはまた、新しいチームと歌手を持ち出すのではないか。だが、カラがなければPDたちは似た感じの別のグループにいつでも替えることができる。だからカラは本当に解体という無謀な賭博をしてはいけない。カラ仕事がよく解決されたら良いだろう」


▲D PD(SBS)=「他の見方をすれば、今回のカラー騒動は急造されたアイドル生産環境から始まったという考えになる。マネジャーらと話すならば、開始当時多くのアイドルが未成年者だから活動にあって両親の同意書をずっと受けなければならないという話をたくさん聞く。このために企画会社、アイドル、両親が三角関係の構図をとるが、これによって多くの問題が生ずるようだ。このような形で行って我が国アイドル文化が危険になるようだ。専門家でもないが両親たちに日本進出過程などであらゆる事をいちいち相談できないのではないか。もちろん企画会社側でも幼い時からアイドルのトレーニングをさせるから多くの投資が必要だけれど、デビュー後に稼いだ収益を配分するところにあってはより確立された体系が必要だという考えだ」

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2011012617283195364

演マ協も参戦?

演マ協「カラ紛争、新韓流への悪影響を憂慮、演製協の仲裁望む」(伝聞)


韓国芸能マネジメント協会(演マ協)が1月26日午後報道資料を通じてカラと所属事務所DSPメディアの専属契約の解約に関する紛争と関連して、新韓流市場への悪影響につながると憂慮しているとして、韓国芸能製作者協会(演製協)で進行中の仲裁を通じて早く解決されることを願うという立場を伝えた。


(以下演マ協が発表した公式資料)


社団法人韓国芸能マネジメント協会は、女性ガールズグループ「カラ」と専属所属事務所の「DSPメディア」間の紛争がややもするとようやく立ち上がった新韓流市場に悪影響を及ぼすことをはなはだ心配していて、紛争の波紋が大韓民国大衆文化産業発展に阻害要素にならないことを心より願っています。


女性ガールズグループ「カラ」とは「DSPメディア」の企画力を土台にスタッフたち皆の努力で掘り起こした貴重な成果です。これらは海外まで大韓民国大衆文化を広く知らしめて大韓民国地位向上にも大きい影響を及ぼしました。


しかしこのような努力と成果を無視したまま紛争をそそのかして、専属契約の解約を通じて所属事務所を離脱させた後に利益を取ろうとする非健全な者たちが存在するということを知ることになり、これは過去芸能産業に蔓延していた最も悪い慣行だったのため業界関係者たち皆憤慨しています。


現在「DSPメディア」の代表は脳出血によって病中にあります。このような状況を知りながらも、背後で紛争を起こした者たちはモラルハザードと産業的商道徳がない者たちだと考えるほかはありません。


本協会は今回の紛争と関連して、社団法人韓国芸能製作者協会で進行中の仲裁を通じて早く解決されることを希望し、その他関連団体らと緊密に協力してもう二度とこのようなことが起こらないようにに措置して進んでいくでしょう。


大衆文化を愛する大韓民国のすべての方に多大な心配をおかけした点謝罪申し上げて、より一層大きな愛を受けられるように誤った点は改善し、良い点は一層発展させるように最善を尽くします。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101262202501002&code=100200

カラ元メンバーのキム・ソンヒ結婚

ギスギスした悪い空気の中、おめでたい話題をひとつ。

カラー元メンバーのキム・ソンヒ、声優ヤン・ジウンの息子と5月に結婚


カラ元メンバーのキム・ソンヒが結婚する。


キム・ソンヒの結婚相手は有名声優ヤン・ジウン氏の長男ヤン・ウォンジュン氏で、2人は1年余りの熱愛の末、来る5月7日京畿道坡州でウェディングマーチを鳴らすことになった。


2人は2年前に宗教団体の音楽行事で初めて出会い、以後共に音楽活動に参加して恋人の関係に発展した。最近、両家との挨拶の機会を持ったこの予備夫婦は結婚式の日程を決めた。


カラ元メンバーのキム・ソンヒは去る2008年2月に学業と家族の反対を理由にチームから脱退した。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101261644521001&code=100100

やっぱやーめた

後見人に選任されたチョ・ヒョンギル氏が辞退。

チョ・ヒョンギル「カラ3人の後見人辞退」立場翻意


カラ3人(カン・ジヨン、チョン・ニコル、ハン・スンヨン)側の背後と目されたチョ・ヒョンギルHプラス代表がカラ3人の後見人を辞退すると立場を翻意した。


26日午後、カラ3人の法律代理人のランドマーク側は報道資料を通じて「所属事務所DSPメディアから『チョ・ヒョンギル代表を後見人と認めず、背後勢力に対する損害賠償請求、名誉毀損告訴など法的措置に着手した』という連絡を受けた」と明らかにした。


ランドマーク側は「この知らせを聞いたチョ・ヒョンギル代表が『私をありもしない背後勢力に仕立て上げながらカラのメンバー達の分裂を助長している。私が公開的に支援するという意思を明らかにした時は、私が背後勢力なのではなく、別の背後勢力があるかもしれないため』という立場を明らかにした」と伝えた。


引き続き「DSPで背後勢力云々してチョ・ヒョンギル代表に対する攻撃をおさめず、メンバー3人と両親たちの丁寧な引き止めがあったにもかかわらず、これ以上カラのメンバー達が本人によって誤解を受けて、窮地に追い詰められ、不名誉なことになるのを見たくないので後見人としての役割を遂行しない、とメンバー3人と両親たちに通知した」と話した。


また「DSPに対してはカラのメンバーの状況とは別に、チョ・ヒョンギル代表個人に対する名誉毀損、誣告で法的対応に入る」と明らかにした。


これに先立ちランドマーク側はこの日午前チョ・ヒョンギル代表がカラ3人の両親側の説得で公式後見人の役割を承諾したと明らかにした。

http://spn.edaily.co.kr/entertain/newsRead.asp?sub_cd=EA2&newsid=01561286596121656&DirCode=0010200&searchDate=&startArrow=0&strPage=1

DSP はチョ・ヒョンギル氏の後見人選任に強く反発

法的措置も開始した模様。結局泥沼に引きずり込まれるのね…。そしてそこに KARA のメンバーの姿はない。

DSP、カラ3人側チョ・ヒョンギル代表後見人選定に強く反発「認められない」


カラの所属事務所DSPメディアがカラ3人側の背後勢力として目されたチョ・ヒョンギル代表が後見人に選任されたことに対して強く反発した。


DSPメディアは1月26日報道資料を通じて「ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンの3人が今回の騒動における背後説の張本人であるチョ・ヒョンギル氏を後見人として、当社に一方的な同意を要求するなど一連の状況に対してまったくとんでもない処置だと考える」として「これは公式にメンバー3人に対する懐柔を通じて、専属契約の不当破棄を勧める事実と、自らが今回の騒動の背後人物として世論から非難を受けている張本人であることを公式に自認するのと相違がない」と声を高めた。


引き続き「チョ・ヒョンギル氏は、当事者が背後人物であることを証明する証拠、および事実が明らかになり、窮地に追い込まれるとすぐに公開的に日陰から日の当たる場所に出るという納得し難い言論発表までする姿まで見せている」として「継続する騒動による深刻な損害にもかかわらず、当社は昨日午後、今回の騒動の渦中に毀損されたかも知れない信頼関係の回復のためにカラのメンバー全員のために誠意ある真実の回答を送り、それに対応する返事を3人のメンバーから聞くことができることを期待していた。だが、3人のメンバーが代理人を通じて契約の不当破棄を誘導した核心の背後人物のチョ・ヒョンギル氏を後見人に選任して連絡をしてきたことに対して、当社としてはこれを認めることはできないし、背後人物と明らかになったチョ・ヒョンギル氏、および彼と関連した人物を後見人として認定できないということを通知した」と伝えた。


また「当社は解約通知以後、一週間以上も今回の騒動が長期化して事実と違った内容までマスコミに報道されるなど、当社の名誉毀損および国内外の既存契約の不履行による当社およびカラ3人における損害が深刻な状況に達しており、到底もうこれ以上は耐えることはできない状況であり、専属契約の解約通知書に対する当社の公式回答およびこの騒動を招いたことが明らかになった背後勢力に対する損害賠償請求、名誉毀損告訴などの法的措置に着手したことをお知らせする」と付け加えた。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101261439341002&code=100200

MBC 100分討論でのKARA騒動の放送はなし

MBC 100分討論」カラ不発「交渉が…」


MBC時事教養番組「100分討論」のカラ騒動放送が不発になった。


26日「100分討論」関係者は「ガールズグループ、カラの内部葛藤に対するアイテムを放送しないことを決定した」と明らかにした。
この関係者は「カラと関連した内容を今週放送のアイテムのうちの1つとしてパネル交渉を打診したが、パネルの構成に困難があって他のアイテムを放送することにした」と説明した。
引き続き「話題になった時点で放送するかどうか議論になったアイテムなので、次の放送で扱うということはないだろう」と付け加えて、今後もカラ騒動を扱う可能性が薄いことをほのめかした。


「100分討論」はカラ騒動と関連して専門家のパネルを構成する場合、歌手と所属社間契約および収益分配など国内歌謡界で台頭する問題点に光を当てる計画だった。


一方、来る27日放送される「100分討論」では不動産と関連した内容を扱う。

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2011012613535486786

結末に向けた 3 つのシナリオとは?

カラ騒動「8日目」...3つの結末シナリオは?


5人のガールズグループカラの騒動がいつの間にか8日目を迎えている。去る19日カラのハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンの3人は所属事務所DSPメディア(以下DSP)に色々な問題を提起、専属契約の解約を電撃通知した。


だが、リーダーのパク・ギュリは初めから参加しなかったし、ク・ハラは詳しい内容を知らなかったとして契約解約を撤回した。これに現在カラが分裂の様相を見せている。


8日目を迎えた26日現在もカラ騒動は解決の糸口を見いだせないでいる。この間DSPとカラ3人側法律代理人が去る25日に協議し、色々話を交わしたが意見の相違を解消するには至らなかった。カラ3人側はDSPの態度に失望感を現わした反面、DSPは居直りという立場を見せた。


DSPが今回の事態解決の仲裁を要請した、300社あまりの芸能企画会社が属している韓国芸能製作者協会側はこの日、カラの3人の背後勢力の名簿および関連テキストメッセージを確保していると主張し、当然これらに対して強硬対応の意志を表わした。一方、カラ3人側は「陰湿な攻撃と糊塗であるだけ」と正面を切って反論に出た。


このようにカラ騒動は時間が経つごとに解決のきざしを見せるというよりは、むしろ膠着状態の様相を見せている。これと関連して、カラ騒動における予想可能な三つの結末シナリオを探ってみた。


▲2人 vs 3人...分かれた「カラ」


今回の騒動の3大核心といえるカラのメンバー5人・カラの両親・DSP。これらには共通点が一つがある。カラ騒動発生以後の色々な部分で意見の相違を表わしているにもかかわらず、カラは今後も5人が一緒に活動しなければならないということには双方ともに同意している。


だが、これまでの動きを見るならば、これはむなしい叫びになる可能性も排除することはできない。お互いの意見の相違が激しいのみならず、どちらか一方が大きく譲歩する姿も見せないためだ。


カラ3人側とDSPの意見の相違が最も激しい部分は、カラの契約短縮の部分およびDSP現経営陣の一線後退などだ。


双方ともに残りの詳細な部分に対しては今後交渉の意志を示したが、契約短縮の部分は色々な意味を含んでおり、DSPでも簡単に決定できる事案ではないという分析だ。


カラの5人のメンバーのうち、元々のメンバーのパク・キュリ、ハン・スンヨン、チョン・ニコルは、カラの最初のアルバム発売日から7年間DSPで活動することで専属契約を結んだ。カラのデビューアルバムは去る2007年3月末に発売されたので、契約書上パク・キュリ、ハン・スンヨン、チョン・ニコルは今後も3年余りDSPに身を置かなければならない。


去る2008年7月「ロック ユー」が収録されたカラの最初のミニアルバムの時からチームに合流したク・ハラとカン・ジヨンも当時から今後7年間DSP所属で活躍することで契約を締結した。これにこれらは現在DSPと4年6ヶ月余りの契約期間を残している。


だが、カラ3人側は法律代理人のランドマークを通じて、カラの日本活動と関連して、日本パートナー会社のユニバーサルミュージックジャパンとの契約が終了する来年7月末にDSPとも契約を終了するように願っている。


公正取引委員会の標準約款を守って契約したというDSP側はこの供給に困惑の表情を見せている。カラ3人の契約期間短縮要求を受け入れる場合、自社として色々な面で損害をこうむるのはもちろん、他の芸能企画会社らにも良くない先例を残した会社として記憶されるためだ。


消防車・ジャム・ピンクル・ジェクスキス・SS501を育てたイ・ホヨンDSP代表が昨年初めから健康状態が良くなくて、運営の一線にいないことに関連する現経営陣の退陣も、DSPとしてはカラ3人に振り回された後、結局屈服したという印象を強く与えるため、簡単に受け入れることは難しい見通しだ。


ここに双方は背後説をさておいても両者は鋭く対立しており、カラは3人とDSPと意を共にしている2人に分裂するという主張も起きている状況だ。もちろんこういう場合、双方ともに得るものよりは失うものがはるかに多いという評価が一般的だ。これはこれまでに分裂したアイドルグループの先例を見れば難なくわかる。


ファンおよび歌謡界もこのような状況だけは願わないので、今からでも双方は相手の立場で考える努力をより一層傾けていかなければならないという指摘だ。


DSPの下、再び一ケ所に集まった「カラ」


現在カラ3人側とDSPは色々な面で激しく争議中だが、劇的妥結の可能性が全くないわけではない。これに最も大きい力を与えるのは、騒動発生の時からDSPとカラ3人側ともに「5人が共に行かなければならない」と話しているという点だ。


すなわち、大きい枠組みはすでにたてておいたので双方が意見の相違だけ縮められれば、以前のようにDSPとカラの5人皆が一緒に活動するということだ。


カラ3人側とDSPが去る25日に対話を始めたという点も一方では希望的だと見ることができる。もちろん双方は25日交渉以後、互いにより一層強硬な立場を取っているけれど、初めての対話だったという点で今後の出会いを期待しているのも否めない事実だ。


難しかった初めての出会いを通じて、相手が望むものが何なのかをよりよく把握することができるようになった上、マスコミなど外部に対してどのように対処すれば相互間に誤解が起こらないか、ということもより正確に知ることになったためだ。


問題は、事件の当事者が一番よくそして正確に解決することができる。これにDSPとカラ3人側の双方が口だけで「カラ5人は一緒に活動しなければならない」と叫ぶのではなく、これからもっと頻繁に出会いを持って事態解決に強い意志を見せるべきだというのが、5人のカラを守ろうとするカラファンたちと歌謡界の指摘だ。


DSP離れたが5人がまた結合した「カラ」


この結末シナリオは、まずカラ3人とDSPとの葛藤の溝があまりにも深くなった場合を前提とする。この場合、カラ3人は法的措置を取ってもDSPを離れようとすることであり、DSPもやはり正面から法的に対抗する可能性が高い。


だが、東方神起の騒動のように、法的解決にはかなりの時間がかかるので、この間カラ3人はJYJのように事実上の独自の活動をすることもできる。そして今はDSPに身を置いているパク・ギュリとク・ハラまで同調すれば、カラはDSPを離れて5人が一緒になることになる。


ところが、この場合では5人のメンバーは「カラ」という名のもとに活動することはできない可能性が大きい。DSPはすでにカラチームの名前に対する商標権などを申請したためだ。他のグループ名のもとで活動するカラのメンバーの姿は、ファンたちにはぎこちなく奇異に見えるだろう。

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2011012610310599605

KARA 3 人側、渦中の J 氏を公式な後見人として選任

またぞろ面倒なことに…(;´Д`)

カラ3人、J氏後見人選任「背後勢力とされるよりは公開的に」新しい局面


「話にもならない背後勢力と目されるならよりいっそ公開的に助ける」


カラのメンバー3人の背後説で指定されたJ氏がカラ3人の法律代理人のランドマーク ホン・ミョンホ弁護士を通じて立場を表明した。


法律代理人側は1月26日報道資料を通じて「1月25日午後11時以降、韓国芸能制作者協会(演製協)を通じて発表された、背後勢力が送った文字メッセージ公開などの記事に接した後、カラのメンバー3人の両親たちとJ氏が急遽江南で協議した」と明らかにした。


これらはこの日協議後、演製協およびDSP側が主張する背後勢力介入説に対する誤解を解くために、文字メッセージをめぐるこれまでの状況とJ氏および某エンターテイメント代表理事との関与など巷間のうわさに対して真相を明らかにした。


カラ3人の法律代理人側は「良い意味で助けようと思ったJ氏と某エンターテイメント代表理事は、背後勢力を云々するDSPおよび演製協の主張に困惑している状況」としながら「すぐにカラのメンバー3人は移動車両もなく、スケジュールを知らせるマネジャーでさえ一人もいない。それこそ活動に必要な最も基本的なケアさえも受けることができなくなってしまったのだ」と付け加えた。


これにメンバー3人側両親たちは昨日夜遅くから26日明け方までJ氏を粘り強く説得し、メンバー3人が直ちに活動をするのに支障がないように公開的にメンバー3人を支援することを要請したという。


J氏は「話にもならない背後勢力と目されながらもメンバー3人を助けたし、かえって背後勢力を云々する側から深刻な名誉毀損を受けたことであるから、いっそ公開して支援するほうが良いという判断から」と理由を説明した。


これに伴い、カラのメンバー3人側は法律上代理人のランドマークを通じて、今日DSP側にメンバー3人の両親たちが指定した後見人にJ氏を選任するという内容をDSP側に伝達した。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101261150061002&code=100200

「J氏」=「조현길」(チョ・ヒョンギル)氏ということでいいのかな?

「ガンバレ! KARA」

カラ、日本で新CF予定通りに...「ガンバレ! KARA」追加


5人のガールズグループカラのメンバー全員が集まって撮影された日本の新しいCFが予定通りに放映される。


26日サンケイスポーツなどの日本マスコミによれば、カラは最近日本最大のエステティック業者の「エステティックTBC」の広告モデルに抜擢され、新しいCFを撮影した。


サンケイスポーツは「分裂騒動に揺れる韓国の5人のガールズグループカラがエステティックTBCの広告新しいモデルに起用されることが25日明らかになった」として「看板広告は来る2月1日から、TV CFは2月2日から放送されるが、5人のメンバーは仲良く登場する」と明らかにした。


引き続き「カラ騒動発生の前に撮影を終えた今回の広告は、一時放送するかどうか不透明になったこともあったが、エステティックTBCは『カラの将来を考えている今こそカラを応援しなければならない時』として予定通りに放送することにした」と伝えた。


サンケイスポーツによれば、エステティックTBCはカラ5人を応援するために日本の7都市の約200個所に掲示する屋外看板広告に「ガンバレ! KARA」というフレーズを入れたバージョンも追加する計画だ。


(以下略)

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2011012608022601482

KARA、分裂騒動決着前に日本で TBC の CM 決定

TBC キャンペーンキャラクタに起用され、新曲「ジェットコースターラブ」が一足早くお披露目の模様。

KARA、騒動決着前に日本で新CM決定


分裂騒動に揺れる韓国の5人組ガールズグループ・KARAが、2月よりエステティックTBCの新キャンペーンキャラクターに起用されることが25日、わかった。グループ存続問題にまで発展した騒動が決着していないこの時期に「キャンペーンをスタートするべきか協議を重ねた」という同社だが、「今こそKARAを応援していくというメッセージを送ることが大切」と結論づけ、当初の予定どおり2月からの実施を決めた。


昨年の日本デビュー以降、独特のヒップダンスやかわいらしいルックスで一躍人気グループとなった彼女たち。そんなKARAの持つ「元気な輝きと優れたプロポーション」が同社のイメージキャラクターに「最適」と起用が決まった。撮影時期は明らかにされていないが、韓国ソウル市郊外のスタジオで収録されたという。


2月2日から全国で放送される新CM『キレイはTBCカラ』篇では、暗闇の中からキメポーズで登場した5人が、新曲「ジェットコースターラブ」(発売日未定) *1にのせて躍動感あふれるダンスを披露。魅力的な笑顔のアップショットが映し出され「みんな、キレイになれるカラ!」「カッコよくなれるカラ!」と5人がエールを送る。このテレビCMと連動して、首都圏大型看板や雑誌広告などが順次展開される。

http://beauty.oricon.co.jp/news/84231/full/

TBCグループ株式会社(本社:新宿区)エステティックTBCは、2011年キャラクターとして「KARA」を起用した新テレビCM第1弾『キレイはTBCカラ』篇を2月2日から全国で放映開始します。


このテレビCMは、韓国ではもちろんのこと、昨年の日本デビュー以来国内でも絶大な人気を博している韓国の女性5人組ガールズグループ「KARA」のキュートなボディと躍動感あふれる歌&ダンスを全面にフィーチャーし、エステティックTBCが皆様に提供するトータルビューティを表現しています。


ストーリーは、黒い背景の中にキラッと光る世界観のシルエットの中で、歌とダンスを楽しんでいる、輝くような「KARA」の5人。その彼女達からみんなへ、「キレイになれるから」、「カッコよくなれるから」、「カワイクなれるから」という強いエールをTBCからの想いとして送ります。


このテレビCM放送開始と連動して、首都圏の大型看板やポスター、雑誌広告など、さまざまな媒体を通じ、広告キャンペーン「TBC×KARA」を大々的に展開いたします。

http://www.tbc.co.jp/company/release/110126_2.html

すでに CM 映像も上がってますね。
KARA-TBC CM - YouTube

*1:3/16 発売予定