読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xcorp::When it rains, it pours.

"The nice thing about rain," said Eeyore, "is that it always stops. Eventually."

今日のカラ (KARA)

KARA の象徴

記者の目。キム・ヒョンウ記者の記事。

[記者の目]カラの象徴「五芒星」をごそんじですか?



カラといえば思い起こすものは何だろうか。


大部分の大衆は今のカラが作った「お尻踊り」であろう。だが、ファンたちは多分違うと考えるだろう。ファンたちはカラの象徴として恐らく、そして今でも「五芒星」を思い出すはずだ。


「五芒星」は星形の模様をいう。カラにとっては大きい舞台に上がる前にメンバー達どうし手を交差するようにして「ファイティン!」と叫ぶ意味だ。ほとんどは知らないだろうが、最近カラのアルバムにはこの「五芒星」模様が必ず挿入されており、カラのメンバー達も厚い友情と優れたチームワークに対する表現で自負心を感じてきた。


ところが今はこのような「五芒星」を見られないかも知れないという憂慮が出てきている。ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンの3人のメンバー側が所属事務所に契約解約の通知をして解体の可能性まで占われている。


今回の事態を置いて色々な噂が盛んだ。両親が主導したという論議をはじめとして背後説、数十億ウォン提示説などが一日中ずっと提起されていて、所属事務所も契約と処遇問題に対して自由でない。


ただ残念なのは双方とも過去に執着して子供たちの未来を見ていることができないという点だ。 過去の問題を置いて泥沼の戦いを繰り広げているこの瞬間にもメンバー達のイメージは悪化している。事実上、子供たちが直接(人前に)出られずにいる状況で最も大きな被害者になっているわけだ。背信者、お金に目が眩んだ、人気が出て変わった、このような子供たちが耐えるのが難しいイメージで上塗りされつつある。


カラが存続しようがそうでなかろうが、まだ洋々たる人生が続く子供たちにこのような荷を背負わせたいのかと私は大人たちに一度訊ねたいだけだ。不当な処遇であった、あきれる契約不履行だったなど、双方とも子供たちがどうなりつつあるのか関心を持ってほしい。問題芸能人と烙印を押されたまま生きていくのをまず防がなければならないのではないか。


さらに、もしカラが分裂する場合、激しい芸能界の雰囲気でメンバー達が活動をすぐに再開できるという保障はない。いや事実上の可能性は希薄だ。こうした中、幼いメンバー達が受ける精神的苦痛やストレスなどはどのようにして補償をするべきか。ただ5日間の仕事でもとても大変なメンバー達だが、以後の仕事はそれよりもさらに苦痛だろう。率直に私は子供たちにそんなことをさせる勇気もないし、させたくもない。


相変らず五里霧中だ。一角で希望的なニュースが聞こえてくるが、ある時は否定的な意見も聞こえてくる。すでにさじ得てみようとする所が現れ始めたし*1、泥沼の争いに何か得てみようとのぞき込む者もあるようだ。


現在、最善の方法はただ双方が真正性を持って対話に臨んで和解をすることだ。事実上カラ存続の唯一の方法であり5人の子供たちが一つになることができる唯一の方法だ。理想論を広げる必要もなくて英雄論に陥る必要もない。世論がカラ残留に力を与えている理由もこれに起因する。まずカラ解体を防がなければならないというファンたちの心理が大きく投影されたためだ。残留が確定して解体憂慮が消えれば世論は目を向け変えて処遇改善に耳目が集まる。


所属事務所や両親でも大人たちが目の前に見える利益にまたは、過去の争いにとても未練がましく縋らなければという風だ。過去の問題をうじうじ掘り起こして戦う瞬間、皆さんの「子供」らは奈落に落ち続けるしかない。過去問題は解決すればたったそれだけのことだ。いくら難しくて大変でも一歩ずつ譲歩すれば何か光が見られないか。


この前、あるメンバーと電話通話をした。泣いて叫んで大騒ぎという話に心配になって電話をかけた。当惑した。「大丈夫なの?」という話に「あのとても大丈夫です。よく食べて元気です。とてもとても新鮮です」と答えたためだ。声が枯れてるはずなのに明るく見えて、私の方がかえって心配するかと思っておかしな演技をする奴だった。そして多分他のメンバー達も別段違わないようだ。そして最も重要なことは「私たち五人」という言葉を付けていた。子供たちにまだ重要なことは「私たち五人」ではないか。


私は相変らず控室で手を交差するようにしてファイティン!を叫ぶカラの五芒星を今しばらくはさらに見ていたいだけだ。カラに関連した大人たちには、私の欲はあまりにも過度に見えるだろうか。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101231602531002&code=100200

MBC「セクションTV芸能通信」概要、DSPと3人側1/24交渉

カン・ジヨン父「カラ解体させることはできない。メンバー達も再結合積極的」


カラのカン・ジヨンの父がカラ解体を反対した。


1月23日放送されたMBC「セクションTV芸能通信」でカン・ジヨンの父は電話での通話で「DSP側と月曜日(24日)交渉をすることにした」として「子供たちを解体させることにはならないのではないか。子供たちも再結合に積極的だ」と明らかにした。


また、ハン・スンヨンの父は「セクションTV芸能通信」とインタビューを通じて「所属事務所の裏付けが不足したようだ。不満は誰にでもあることではないのか。面倒ならば全部終わりにして勉強しに行けといった。カラは5人が共にしなければならない。昨日通話したが泣いた」と話した。


DSP側は「誤解を解くために努力中なのに感情的対決は望んでおらず妥協の門を開けた。しかし法的措置を取るならば正面対抗する」という立場だ。


決別を宣言したカラ3人の法律代理人側は「5人のカラの活動が重要だ。会社はその次問題だ。信頼できるマネジメント専門家を望む。会社とメンバー達の問題であって、メンバー達の間の葛藤が問題になったわけではない」と話した。


一方摩擦を起こしている所属事務所DSPとカラ3人(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)側は今週から本格的な交渉に入る。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101231644531002&code=100200

カラ5人「私たちはとうてい別れることはできない」心境


「私たち五人はとうてい別れることはできない」


分裂の事態を体験している最中のカラだが、メンバー達どうしの友情はむしろもっと輝いている。


1月23日に放送されたMBC「セクションTV芸能通信」では所属事務所と摩擦を起こしているカン・ジヨンの父との電話インタビューを放映した。カン・ジヨンの父はインタビューを通じて、所属事務所DSPメディアとの交渉計画を明らかにし、「メンバー達が自分たちはとうてい別れることができない」と話した。5人のメンバー達の現在の心境がどうなのかを知らせる大きな課題だ。


3人側のメンバーのうち1人は両親に「カラに残りたい」と強く表明した事実が確認された。年齢が幼いこのメンバーは当初両親の強硬な立場に戸惑っていたが、涙混じりの呼び掛けと説得、仲裁を続けて両親の考えを多少和らげたと分かった。


すでにメンバーどうしの接触は続いた。秘密裏に会って頻繁に連絡をしながら事態の推移を説明するなど、水面下の動きで今回の事態解決のために努力した。


カラのある知人は「メンバーどうし継続的に接触をした。出会いも持ったと理解する」として「メンバー達がお互いにある所で説得と仲裁をしてきた。24日に交渉を持つ予定になったのもメンバー達の努力が一役買った形だ」と伝えた。また「メンバー達がとても(人前に)出る場合、事態がより一層悪化する可能性もあるという教頭がいたようだ。静かながらも結束力あるように説得と仲裁に出たように見える」と耳打ちした。


こういう動きは時間が経つほど感知された。2人側のあるメンバーも「まもなくまた会えるものと信じる」と話し、3人側のあるメンバーも「よくなるはずだからそんなに心配しないでください」と知人に話をしてきた。


結局カラのメンバー達の友情が事態解決の重要な役割をしているわけだ。DSPとカラ3人側両親は24日から本格的な協議と話し合いをする予定だ。事実上、世論がチーム存続と再結合を望んでいるところにDSP内のカラの位置と世論に不利に追い込まれた3人側の立場がかみ合って良い結果が出るだろうという予想が用心深く頭をもたげている。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101231729401002&code=100200
関連記事

DSP 側の記事。

カラ3人 − 所属事務所交渉 双方「少しずつ譲歩して良い結果期待」


所属事務所DSP側がカラ3人との交渉に最善を尽くして臨むと明らかにした。


カラ3人(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)と摩擦を起こしているDSPメディア側関係者は1月23日ニュースエンと電話通話を通じて「交渉をするならば私たちはできる限り最善を尽くして臨むつもり」と伝えた。


引き続き「今まで3人側と連絡が取れなかった。まだ3人側から交渉に関する連絡を受けていない状態だ」として「これに伴い、3人側の条件が何なのかも伝えられていない状態だ」と現状を説明した。


また「私たちがすることができる部分は最大限努力するという立場だ」として「対話で誤解を解いてカラをずっと継続するという立場はそのまま変りない」と付け加えた。


一方この日放送されたMBC「セクションTV芸能通信」とのインタビューを通じて「月曜日(24日)所属事務所と交渉をすることにした」として「まだDSPに復帰するのが決定されたわけではないが少しずつ譲歩をして良い結果を出せるようにしたい」と話した。引き続き「メンバー達が自分たちはとうてい別れることができない」と付け加えた。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101231856511002&code=100200

1/23 MBC「セクションTV芸能通信」にて、スンヨン・ジヨンの父親へのインタビューを放送

カラ、ハン・スンヨンカン・ジヨン父 放送初インタビュー「どんな話が出てくるだろうか」


所属事務所DSPメディアに契約解約通知をしたカラのハン・スンヨンカン・ジヨン父親のインタビューが放送を通じて初公開される。


MBC「セクションTV芸能通信」製作チームは、最近単独でカラのハン・スンヨンカン・ジヨンのお父さんとの接触を通じて「専属契約解約波紋」に関する彼らの心境を電撃インタビューした。


去る19日、突然に伝えられたカラの決別宣言以後、現在所属事務所に残留意思を明らかにしたパク・キュリ、ク・ハラとは違って、ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンは契約解約意志を守っている状態。これにセクション製作チームは巷間に飛び交っているチーム不和説と背後説を確認するためにメンバーの父親との接触を試みた。


セクションチームは京畿道に位置した韓国刀剣代表ハン・スンヨンのお父さんと困難ながらも会うことができた。彼はハン・スンヨンの現在の状態と、所属事務所との間で体験している紛争に対して苦労話を始めた。


一方、カン・ジヨンのお父さんは「セクションTV芸能通信」との電話インタビューを通じて、事態の発端となった最初の決別宣言の背景と背後勢力があるといううわさに関して虚心坦壊に打ち明けることもした。


23日放送。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101231054021001

今週、本格的な話し合いが行われる模様

分裂DSP - カラ3人今週本格的に話し合いの場


カラ事変が劇的な解決を成し遂げる可能性を見せている。
所属事務所DSPメディアに契約解約通知をした3人側(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)が演芸製作者協会に仲裁要請を考慮しているのに引き続き、今週初めに所属事務所DSPと3人側が本格的な話し合いに乗り出すというニュースだ。


カラのニュースに精通したある関係者は23日「今週初めに本格的に話し合いに乗り出すことと理解している」として「交渉をしてみれば分かるだろうが、以前より状況がかなり好転したことは事実」と耳打ちした。


カラ3人側の両親は当初今回の強硬姿勢と話し合いの立場の間で悩んできたと伝えられた。こうした中、世論が3人側に不利になってきており、また所属事務所が連日和解に向けた動きをしていることもあり、話し合いに出る決定をしたと見られる。また、今のところ姿を見せないカラのメンバーの立場表明と説得も一役を買ったと分かった。


この関係者は「DSPと3人の両親がどんなカードを持ち出すかはまだ未知数」として「世論が2人側の真正性のある和解を望んでいるだけに、DSPと3人の両親が自分たち考えだけで交渉のテーブルに座ることは大変だろう」と話した。引き続き「進行状況と結果を見るべきだが、明らかに以前よりカラの再結合の希望が大きくなったことは事実だ」と付け加えた。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101230910551002&code=100200
関連記事

カラ3人、解決糸口探すか...演製協(ヨンジェヒョプ)に仲裁要請


メンバー3人が所属事務所を離脱して3日ぶりにカラ事変が新しい局面を迎えている。メンバー3人側が韓国演芸製作者協会(ヨンジェヒョプ)を通じて解決の糸口を見つける方案を考慮中だ。

メンバー3人の法律代理人ホン・ミョンホ弁護士は22日「韓国演芸製作者協会で今回の事態を調査するという話を聞いたが、いっそ調査に積極的に応じて問題を解決しようという方法も議論している。まだ決定したわけではない」と明らかにした。


カラは去る19日パク・キュリを除いたメンバー4人が所属事務所DSPメディアに専属契約解約を通知しながら内紛を体験している。一時チーム解体が憂慮されたりもしたが数時間後にク・ハラが専属契約解約立場を撤回しながらカラ事変は新しい局面を迎えた。


以降、ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンのメンバー3人側は法律代理人を通じて問題と指摘した点が解決されれば所属事務所に復帰することもありうるという立場を公式化した。


一方DSPメディア関係者は「所属事務所は早期に今回の事態が円満に解決されるように願う。だが、先ずはメンバー達がそれぞれの立場を整理して理解するまで待つのが最善であるようだ」として返事を惜しんだ。

http://spn.edaily.co.kr/entertain/newsRead.asp?sub_cd=EA2&newsid=01266086596120344&DirCode=0010200&searchDate=&startArrow=0&strPage=1

DSP 単独インタビュー記事

[単独] DSPインタビュー「カラ事変と取り巻くうわさ苦しい」心境吐露


DSPメディア(以下DSP)側がニコルのお母さん契約解約主導説を含んだ色々なうわさに対して口を開いた。


1月22日午後、DSP側はbntニュースとの電話インタビューで、かかる事態の間雨後の筍のごとくうわさと疑惑が提起されたカラ事変に対して遺憾だという立場を見せた。


Q. あるお母さんが事務所に対する干渉が激しかったということだが
A. 両親の立場からすると、お金だけ受けることはできないではないか。その立場は理解できる。それで確認の要求が必要な部分はすべてオープンにした。十分理解できる部分だ。


Q. あるお母さんの女性の勢いでDSPで該当メンバー放出を計画したし、その空席を後輩グループあるメンバーが満たすということだが
A. メンバーの入れ替えや、放出説は事実無根だ。 日本や韓国内でとてもうまくいっているのに、そんなわけがないではないか。もしそうすればメンバー達がじっとしていない。後輩グループやはりうまくいっているので全く事実ではない。


Q. カラの3人が要求する条件を聞き入れるつもりがあるか
A. カラの3人は所属事務所に契約解約だけ通知してさっと出ていってしまったが、今までいかなる要求や立場を伝達もなかった。とても苦しい。私たちが誤りを犯したのであれば、必ずその問題を認めて要求事項があれば聞き入れるのが芸の事務所の役割だと考える。実際、大衆にも知る権利を尊重したいが話がまったく進展しておらず、何か話ができるような状況ではない。


Q. カラ3人が専門的な経営システムを望んでいるが
A. 私たちが非専門的だとするならば、2010年に成し遂げた日本進出の成功と国内活動の成果はどのように説明するのか。


Q. カラの3人が韓国演芸製作者協会と接触した事実を知っているか
A. 知っている。仲裁を要請するために接触したようだ。


Q. パク・ギュリの場合、映画「アルファ・アンド・オメガ」吹き替えが公式行事の参加条件として契約したと理解しているが
A. パク・ギュリの映画日程は支障なく進行される予定だ。もちろん記者会見で映画よりはカラ事変と関連した話がたくさん出るだろうが、それを避けるためにキャンセルになることではないようだし、約束されたことは守る予定だ。来週放送予定の芸能番組も論議が起きる前すでに収録を終えた部分だ。


Q. 衣類・靴の広告主と接触をしてみた。詳しい言及は避けるようにとの連絡があったか
A. 広告主に連絡が来たことはない。もう少し見守るという立場であるようだ。


Q. ク・ハラはどのように過ごしているか
A. 叔母おばあさんの喪を終えて当日ソウルに戻ってきた。今はパク・キュリと離れて家で過ごしている。


最後にDSP側は突然に進行されたインタビューの中の一部憶測報道に対する苦しさを訴えて、すぐに論議を終えたいと伝えた。


一方生計型アイドルで呼ばれるカラは、2010年日本活動が大ヒットを放ちながら株価も上昇したが、今回の所属事務所との攻防により、その間苦労して成し遂げた成果がまた振り出しに戻る危機に瀕している。
生計型アイドル時期からカラを支持したファンたちのためにも、カラと所属事務所側は一歩退いて、苦労して登りつめたガールズグループ首位の座を自ら降りるような愚かな決定をしないことを期待する。

http://bntnews.hankyung.com/apps/news?popup=0&nid=04&c1=04&c2=01&c3=&nkey=201101222014523&mode=sub_view

*1:翻訳サイトで翻訳した翻訳文をそのまま掲載しています